人気ブログランキング |


脳梗塞で右半身不随になった男の軌跡


by higeji-musume

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

☆お願い☆
ひげじいの描いた絵画の
無断転載はお断りします。
コメントで一言お願いします。

内容と関係の無いコメントは
削除させていただく場合がありますが、
ご了承ください。

にほんブログ村
「水彩画」カテゴリと
「脳神経脊髄」カテゴリに
参加しています。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

お暇な方はどちらかをクリックしていただければ幸いです。

カテゴリ

☆髭爺ギャラリー
突然の脳梗塞(5話)
47日間入院生活(9話)
リハビリテーション入院(15話)
自宅介護(12話)
10年後・・・(1話)
☆脳梗塞の経歴
☆連絡事項

以前の記事

2013年 05月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

病気・闘病
アート・デザイン

画像一覧

1-4 言葉が出ない・・・

娘が父の元に駆けつけたのは、

救急車で運ばれた翌朝のことだった。

前日の夜に何があったと言うのか・・・。

____________________________________


父はその日、夕方から出かける用があり、

最寄り駅から一人東京に向かう電車に乗っていたそうだ。

4つ目の駅での乗り換え、その際にキヨスクに立ち寄る。

体調に異変を感じていたのか、オロナ〇ンC を買うつもりであった。

「オ・・・・・」・・・・言えない。言葉の発音がうまくいかない。変だ。おかしい。

父は豪快な男だった。病院嫌いで少々の体調の悪さは気にしない男だったように思う。

その父でさえも、自分の身体に起こっている不可解な現象に不安を覚えたようだ。

そのまま自宅へととんぼ返りしたという。


丁度その頃、母は仕事帰りで、最寄り駅から自家用車に運転して帰るつもりだった。

しかし車はない。夕方から出かけるといっていた夫、何かあったのか?

父に電話をすると、呂律の回らない言葉。家にいるようだ。

「ダイジョウブだ、ダイジョウブだ」・・・その発音が明らかにおかしい。

不安に駆られた母は、駅から家に向かって走った。


帰宅すると、父は身体は動くが言葉を発せられない状況。

すぐに救急車を呼んだ。

救急隊員が車内で血圧を測ると200越え。

「かかりつけ医はいますか?」

「いません・・・。近くの〇〇国立病院にお願いします」

救急隊員が国立病院に電話すると、ラッキーにも宿直が脳神経外科の医師だった。


____________________________________


こうして前日の夜19時、父は国立病院へと運ばれたのであった。
by higeji-musume | 2008-07-22 16:41 | 突然の脳梗塞(5話)