人気ブログランキング |


脳梗塞で右半身不随になった男の軌跡


by higeji-musume

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

☆お願い☆
ひげじいの描いた絵画の
無断転載はお断りします。
コメントで一言お願いします。

内容と関係の無いコメントは
削除させていただく場合がありますが、
ご了承ください。

にほんブログ村
「水彩画」カテゴリと
「脳神経脊髄」カテゴリに
参加しています。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

お暇な方はどちらかをクリックしていただければ幸いです。

カテゴリ

☆髭爺ギャラリー
突然の脳梗塞(5話)
47日間入院生活(9話)
リハビリテーション入院(15話)
自宅介護(12話)
10年後・・・(1話)
☆脳梗塞の経歴
☆連絡事項

以前の記事

2013年 05月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

病気・闘病
アート・デザイン

画像一覧

1-3 その時、家族は・・・。

父、母、息子、娘の4人家族に降りかかった突然の父親の脳梗塞。

 
その時、家族の状況はというと・・・、

母親は、印刷会社のディレクターの仕事をしていたが、

定年前の父親と共にプライベート会社設立に向け退社の予定であった。

息子は独立し家を出て、会社員として働いていた。

そして交際9年目にして結婚目前であった。

娘も親元を離れ、社会人として2年を終えようとしていた。


子ども達が独立していた事が不幸中の幸いであったかも知れない。



しかし、脳梗塞とは本当に怖いものだ。


父親の脳の血管の梗塞は、運動をつかさどる部分を直撃したらしく

身体の自由が利かなくなった。右半身不随。利き腕を失った。


そして、それよりも・・・、・・・何よりも家族にダメージを与えたのは・・・

精神的な打撃のほうだった。

情緒をつかさどる部分も破壊していたのかもしれない。

それほどに父親の情緒は不安定になっていた。


母親、息子、娘、それぞれの立場で父親を再起させようとする日々が始まる。

混沌の海に投げ出されてしまった父親を救い出すために・・・。

しかしそれが、余計に父親を苦しめることにもなっていたかもしれない。



時が経ち振り返ると、

苦しめた時があったとしても、今こうして絵を描くひげじいがいるのは

諦めない家族があったからこそと思いたい。
by higeji-musume | 2008-06-27 16:19 | 突然の脳梗塞(5話)