脳梗塞で右半身不随になった男の軌跡


by higeji-musume

プロフィールを見る
画像一覧

☆お願い☆
ひげじいの描いた絵画の
無断転載はお断りします。
コメントで一言お願いします。

内容と関係の無いコメントは
削除させていただく場合がありますが、
ご了承ください。

にほんブログ村
「水彩画」カテゴリと
「脳神経脊髄」カテゴリに
参加しています。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

お暇な方はどちらかをクリックしていただければ幸いです。

カテゴリ

☆髭爺ギャラリー
突然の脳梗塞(5話)
47日間入院生活(9話)
リハビリテーション入院(15話)
自宅介護(12話)
10年後・・・(1話)
☆脳梗塞の経歴
☆連絡事項

以前の記事

2013年 05月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

病気・闘病
アート・デザイン

画像一覧

1-2 波乱の幕開け

翌朝、娘は普段通りに出勤。

先輩に「父が脳梗塞で倒れたみたいなんですよ」と話すと

先輩から主任へとすぐに伝わった。

主任から呼び出しを受け、すぐに病院に行くように言われ、

そのまま職場から実家近くの国立病院へと急ぐ。

電車で1時間半・・・、車内で揺られながら「脳梗塞」について初めて考え始める。

このとき20代中盤の娘に脳梗塞の知識はほとんどなかった。

脳梗塞ってどんな病気なの?

ただの疲労じゃないの?

そんな大変な事が起こっているの??



そして病院に到着。

病室で娘が見たものは・・・、

ベットの上で酸素吸入器をつけ、集中治療を受けている父親の姿と

横でただずむ疲れ果てた母の横顔だった。



___ 脳梗塞、右半身不随。

そして超自信家の男が、自分の得意分野である外の世界からはじき出され

大嫌いな病院と不慣れな家庭に縛られるという精神的ダメージ。


200×年、3月1日、その日、

今までポジティブに生きてきた家族に初めての波乱の幕開けの日となった・・・。
[PR]
by higeji-musume | 2008-06-26 16:01 | 突然の脳梗塞(5話)