脳梗塞で右半身不随になった男の軌跡


by higeji-musume

プロフィールを見る
画像一覧

☆お願い☆
ひげじいの描いた絵画の
無断転載はお断りします。
コメントで一言お願いします。

内容と関係の無いコメントは
削除させていただく場合がありますが、
ご了承ください。

にほんブログ村
「水彩画」カテゴリと
「脳神経脊髄」カテゴリに
参加しています。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

お暇な方はどちらかをクリックしていただければ幸いです。

カテゴリ

☆髭爺ギャラリー
突然の脳梗塞(5話)
47日間入院生活(9話)
リハビリテーション入院(15話)
自宅介護(12話)
10年後・・・(1話)
☆脳梗塞の経歴
☆連絡事項

以前の記事

2013年 05月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

病気・闘病
アート・デザイン

画像一覧

<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2-8 入院1ヶ月が過ぎる頃

脳梗塞で病院に担ぎ込まれて1ヵ月。

梗塞は運動の神経だけを直撃し、麻痺は強いが、その他の部分に梗塞はない。

入院生活も1ヵ月過ぎれば慣れて落ち着いていくだろう

……と娘は思っていた。


だけども現実は、まったくの逆だった。

父親の精神はますます不安定になり、

夜は死の恐怖からか取り乱すこともあり、看護士達の手をわずらわせた。

夜は眠れず、昼間は眠気でぼーっとし、自己リハビリも進まず母をあせらせた。



入院生活というのは、ただでさえ苦痛に感じるものらしいのに、

加えて再発への恐怖、復帰できるかの不安、家族のプレッシャー、

そんなものが父を壊していたのかもしれない。



家族のいない時間、大の男が看護士の手を焼かせているかもしれない、

それを思うことは家族にもつらかった。


はじめに医師からは2・3ヵ月の入院になると言われたが、

そろそろ転院をしたほうがいいのかもしれない。

現状を変えなくては!    ・・・そう思う家族がいた。



入院してから1ヶ月経っても、

本人と家族の、脳梗塞との戦いはまだまだ続いていたのだった。




にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へランキング参加中
↑ワンクリックでポイントがつきます。よろしくお願いします。(1日1回有効)
[PR]
by higeji-musume | 2009-01-29 15:24 | 47日間入院生活(9話)

2-7 娘の存在

「もういっちょうコイや!」

「またぁ?」

「よっしゃ、短冊いって動物いって猪の鹿蝶もや!」

「ああー、また負けたー」


病室に似つかわしくない会話が飛ぶ。

ここは国立病院、大部屋。

声の大きさに母が周りを気にして顔をしかめた。


病室での花札は、脳梗塞で倒れるまで交流の少なかった父と娘の憩いの時間をもたらした。

札を下に並べ、動く左手を器用に使う父を見ながら「これもリハビリ」と娘は母に笑った。



「体調はどうですか?」

看護士さんの声が聞こえ振り向くと、先生がにこやかな顔でこちらを見ている。

診察の時間だ。

「今終わりますっ!」  「いいですよ」

病室で花札に興じる不謹慎な親子を笑顔で待ってくれる若い先生だった。



「顔色良さそうですね」  「連勝や!」
 

花札で大勝ちした日の父の血圧は比較的落ち着くことが多かった。


そして翌日もリハビリと血圧安定の為と、花札用の座布団を用意し、

父と娘のひと勝負が始まる。



とにかく今楽しめることを楽しんだらいいんじゃん。

父の入院中の娘は、いつもどおりの末っ娘だった。



突然の脳梗塞にとまどう夫婦に、こんな無責任な娘も時には必要だったのかもしれない。

…と勝手に自分の存在価値を感じている娘です。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へランキング参加中
↑ワンクリックでポイントがつきます。よろしくお願いします。(1日1回有効)
[PR]
by higeji-musume | 2009-01-19 15:48 | 47日間入院生活(9話)

2-6 母の不安

夫は59才定年直前、子供二人は巣立ち、第二の豊かな人生を夢みはじめた妻にとって

いきなり夫が脳梗塞で倒れたことは、まさに青天の霹靂であったことだろう。



父が病院に担ぎ込まれてから1週間、母はほとんど寝ていなかった。

食事さえもほとんど喉を通してなかった。

夜がくるたびに不安がる父をなだめ、

昼間には父の体をさすり続けた。

病院と家を往復し、洗濯や買い物をすませ、

父の会社関係や知人友人への連絡。

そしてその合間には脳梗塞に関する本を集めひたすらに読んでいた。



父の入院中、母の不安はいかほどだったのか。

今自分が妻の立場になってようやくわかる気がする。


脳梗塞を乗り越えるには?社会復帰させるには?

設立したばかりの夫の会社はどうするの?

入院費用はこれからどのくらいかかるのか?

押し寄せてくる将来の不安との戦いは、ある意味父以上だったかもしれない。


突然の脳梗塞は本人と妻を不安の海に突き落としたのだった。



国立病院に入院していた47日間は

不安と戦いながらただひたすらにがむしゃらに目の前の事をこなしていった母だった。


いつ母が倒れてもおかしくない状況であったと思う。

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へランキング参加中
↑ワンクリックでポイントがつきます。よろしくお願いします。(1日1回有効)
[PR]
by higeji-musume | 2009-01-14 22:29 | 47日間入院生活(9話)

2-5 リハビリは自主練習

救急車で担ぎこまれた国立病院に、47日間入院。

病院にはリハビリ室があり、療法士の先生がいる。



しかし、病院のリハビリテーションは土日は休み。

加えて患者数に比べ、先生の人数が少なく、

身体の動かぬ者や何をしていいか分からぬ者は、

ただ先生が回ってきてくれるまで待っているだけだった。



このままでは右腕が完全に固まってしまう!動かさなきゃ!

何もしなかったら脳まで止まってしまうんじゃないか!?

そんな不安と焦りが家族に襲い掛かった。




そこで毎日、病室や廊下で自分達なりのリハビリを開始した。

とにかく声を出そう。歌をうたおう!!

石原裕次郎が好きだった父が廊下で歌をうたう。

不思議なことに音痴な父の音程が心なしか合っているのだ。


妻のマッサージも有効だった。

手足をさすると、冷たく固くなった右半身に再び命の灯りがともるようだった。


親しいご近所さんに看護士さんがいたので、自分で出来る運動を教わったりもしたが、

本人のやる気を引き出せていなかったので、なかなか実行されていないようだった。




まさに「リハビリとは自分との勝負」であった。

本人しだいでその後の明暗を分ける。

家族は本人のやる気が見ないと焦り、とにかくリハビリをして欲しいと切望した。

しかし家族の要求がきつくなりすぎると、父の精神はまた不安定になってしまった。

リハビリは家族の葛藤」でもあったのだ。





にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へランキング参加中
↑ワンクリックでポイントがつきます。よろしくお願いします。(1日1回有効)
[PR]
by higeji-musume | 2009-01-11 23:05 | 47日間入院生活(9話)

2-4 失ったものと得たもの

情緒を操作する部分は心臓ではなく脳にある。

心は胸ではなく脳にあったのだ・・・。

父親が脳梗塞で倒れてから、家族はこのことを深く思い知らされた。


梗塞は父親の感情のコントロールを奪い、精神を不安定にさせた。

今まで問題が起きても「どっちゅうことない」と周りの人達を引っ張っていく男であった。

罪を憎んで人を憎まず、ニンキョウの世界だの、義理と人情だの、強く優しくと生きてきた。


それが脳梗塞によって、もろくも崩れ去ったのだ。

バランスを失った精神は、本人にも家族にも最悪な状態を生み出したりもした。

体の不自由だけでない脳梗塞の恐さがそこにあった。



しかし、倒れて失ったものばかりではなかった。

子への父性の芽生え

妻への感謝

謙虚な気持ち

当たり前の生活や食事がどんなにすばらしいものか気付く

入院生活で酒とタバコの入っていない健康な体・肌ツヤ


そう、得たものだってある。


そういうことにも目を向けよう。

最悪なことばかりじゃない。

それを書き記すことが、娘の役目だと思った。


にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へランキング参加中
↑ワンクリックでポイントがつきます。よろしくお願いします。(1日1回有効)
[PR]
by higeji-musume | 2009-01-09 15:25 | 47日間入院生活(9話)