脳梗塞で右半身不随になった男の軌跡


by higeji-musume

プロフィールを見る
画像一覧

☆お願い☆
ひげじいの描いた絵画の
無断転載はお断りします。
コメントで一言お願いします。

内容と関係の無いコメントは
削除させていただく場合がありますが、
ご了承ください。

にほんブログ村
「水彩画」カテゴリと
「脳神経脊髄」カテゴリに
参加しています。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

お暇な方はどちらかをクリックしていただければ幸いです。

カテゴリ

☆髭爺ギャラリー
突然の脳梗塞(5話)
47日間入院生活(9話)
リハビリテーション入院(15話)
自宅介護(12話)
10年後・・・(1話)
☆脳梗塞の経歴
☆連絡事項

以前の記事

2013年 05月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

病気・闘病
アート・デザイン

画像一覧

<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2-3 男の涙

男は泣くもんじゃない。

父親を戦時中に亡くし、祖父に育てられた。

祖父の教えは・・・「男は泣くもんじゃない」

猪突猛進に生きてきた男は、この祖父の言葉をずっと守ってきた。

子の前はもちろん、妻の前でも、涙など見せた事がなかった。



しかし梗塞は感情を司る部分にも直撃していたようだ。

見舞いに来た娘が帰る頃になると、毎回のように「幸せになれよ」と涙ぐむ。

嫁入り前の娘がいるのに、こんな体になってしまった父親の後悔か、無念か・・・。

「全然私は不憫な子じゃないからさ。」と娘はその度に笑った。

息子のほうは結婚式直前だった。

父親に式に参加してもらうため、式を延期することを決めた。

「結婚前に親父と二人で温泉旅行でも行って語り合うと思ってたんだ」

息子の言葉についに、今まで守り続けて泣かなかった男が泣いた。

妻が初めて見る姿だった。

小さい頃から祖父の言葉を守り続けた男の初めて見せた涙は、

家族の温かな言葉だった。



今まで家庭など振り返らない男だったのに、

脳梗塞は「父性の覚醒」も起こさせたのであれば、悪いことだけじゃなかったのかもしれない。

そう思う・・・家族がいた。

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
ランキング参加中
↑ワンクリックでポイントがつきます。よろしくお願いします。(1日1回有効)
[PR]
by higeji-musume | 2008-10-17 16:39 | 47日間入院生活(9話)