脳梗塞で右半身不随になった男の軌跡


by higeji-musume

プロフィールを見る
画像一覧

☆お願い☆
ひげじいの描いた絵画の
無断転載はお断りします。
コメントで一言お願いします。

内容と関係の無いコメントは
削除させていただく場合がありますが、
ご了承ください。

にほんブログ村
「水彩画」カテゴリと
「脳神経脊髄」カテゴリに
参加しています。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

お暇な方はどちらかをクリックしていただければ幸いです。

カテゴリ

☆髭爺ギャラリー
突然の脳梗塞(5話)
47日間入院生活(9話)
リハビリテーション入院(15話)
自宅介護(12話)
10年後・・・(1話)
☆脳梗塞の経歴
☆連絡事項

以前の記事

2013年 05月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

病気・闘病
アート・デザイン

画像一覧

<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

発症3年後の絵 その3 神戸とヨーロッパ

b0151388_16182020.jpg

b0151388_1619180.jpg


昔、髭爺が元気だった頃
夫婦で1度だけヨーロッパ旅行に出かけました♪
その時の写真を見て描いたスケッチがありました。
私はどこの国かわからないけど・・・。
下の絵はヨーロッパだけど、上は・・・?日本?外国?
髭爺に今度確かめます(^^;)
転載禁止。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by higeji-musume | 2008-07-31 16:19 | ☆髭爺ギャラリー

発症3年後の絵 その2 風車と水辺

b0151388_16161847.jpg

b0151388_16163598.jpg


再び髭爺の描く水彩画です。

一応転載禁止です・・・

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by higeji-musume | 2008-07-31 16:17 | ☆髭爺ギャラリー

発症3年後の絵 その1 佐原

b0151388_1614319.jpg

b0151388_16144563.jpg


ちょっとここらへんでひと休憩。
髭爺ギャラリー。髭爺の描く水彩画。。。
利き手が動かなくなってから、リハビリで左手で絵を描き始めました。

これは発症3年ほど経ち、生活も安定し、
絵もかなり描きこんで来た頃のものです。

サインを消すために髭爺ロゴが目障りだと思いますがお許しください(^^;)
一応、転載禁止です・・・。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by higeji-musume | 2008-07-31 16:15 | ☆髭爺ギャラリー

1-5 麻痺が出た

夜19時、救急車で国立病院へと搬送される。

宿直はラッキーにも脳神経外科の医師。

すぐに脳梗塞と診断され、3週間の入院になるだろうと言われる。

(のちに1ヵ月半に渡る入院へとなるのだが・・・。)


そして、酸素吸入、血栓を溶かす薬と栄養分の点滴を受ける。

が、22時を回る頃、次第に右側の麻痺が出てくる。


この夜、父にも母にも、不安で怖い一晩となったであろう・・・。

足が突っ張り、こむら返りのような状態が続く。

母は一睡もせず父の足をさすりつづけた。


翌日になっても血圧190と高いまま。点滴の数は増えていく。

右麻痺のせいで飲み物を飲み込むことさえできず、朝食は取れず。


医師の診断によると、血栓そのものは小さいが

右側の運動神経をつかさどる部分を直撃しているので、麻痺が強く出ているとのことだった。



そんな中、娘は病院にやってきた。

いつも豪快だった父親の変わり果てた姿を見たのだった。
b0151388_1558492.jpg

↑これは娘のスケッチである。

にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
[PR]
by higeji-musume | 2008-07-28 16:02 | 突然の脳梗塞(5話)

はじめましてのご挨拶

はじめまして。ようこそのお運びであつく御礼申し上げます。
今日からこのブログを公開いたします。

このブログは
定年間近、突如、脳梗塞で右半身不随になった男の今までの軌跡を
娘の視線を通してつづるものです。
数年前、超ポジティブ一家が、初めて困惑と暗闇の生活へと突入しました・・・。
でも・・・その後子ども達は結婚、孫にも恵まれ男は「ひげじい」となり、現在に至っています。
そして今、ひげじいは、利き手は失いましたが、左手で水彩画を描いています。

髭爺ギャラリーもどうぞお楽しみください。

にほんブログ村に登録しています。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
[PR]
by higeji-musume | 2008-07-25 16:08 | ☆連絡事項

1-4 言葉が出ない・・・

娘が父の元に駆けつけたのは、

救急車で運ばれた翌朝のことだった。

前日の夜に何があったと言うのか・・・。

____________________________________


父はその日、夕方から出かける用があり、

最寄り駅から一人東京に向かう電車に乗っていたそうだ。

4つ目の駅での乗り換え、その際にキヨスクに立ち寄る。

体調に異変を感じていたのか、オロナ〇ンC を買うつもりであった。

「オ・・・・・」・・・・言えない。言葉の発音がうまくいかない。変だ。おかしい。

父は豪快な男だった。病院嫌いで少々の体調の悪さは気にしない男だったように思う。

その父でさえも、自分の身体に起こっている不可解な現象に不安を覚えたようだ。

そのまま自宅へととんぼ返りしたという。


丁度その頃、母は仕事帰りで、最寄り駅から自家用車に運転して帰るつもりだった。

しかし車はない。夕方から出かけるといっていた夫、何かあったのか?

父に電話をすると、呂律の回らない言葉。家にいるようだ。

「ダイジョウブだ、ダイジョウブだ」・・・その発音が明らかにおかしい。

不安に駆られた母は、駅から家に向かって走った。


帰宅すると、父は身体は動くが言葉を発せられない状況。

すぐに救急車を呼んだ。

救急隊員が車内で血圧を測ると200越え。

「かかりつけ医はいますか?」

「いません・・・。近くの〇〇国立病院にお願いします」

救急隊員が国立病院に電話すると、ラッキーにも宿直が脳神経外科の医師だった。


____________________________________


こうして前日の夜19時、父は国立病院へと運ばれたのであった。
[PR]
by higeji-musume | 2008-07-22 16:41 | 突然の脳梗塞(5話)